ガソリンスタンドでたまに見かける謎行為! クルマを「揺すって」給油する意味とは

自動的に給油が止まった時点で満タン状態となる

 セルフスタンドに行くと、今でもまれに給油しながらクルマを揺らしている人を見かける。

 おそらく、ガソリンタンクの上部に溜まったエア抜いて、少しでもたくさん燃料を入れようという試みだと思われるが、基本的には意味がない。

 というのも、ガソリンタンクはもともとタンク容量の約90%までしか燃料が入らないようになっていて、タンクの上部約10%は空気の層になるように設計されているからだ。

 これは何のためかというと、ガソリンは温度が10℃上がると、容積が1.2倍になる性質があり、そのガソリンの膨張分を考えて、スペースに余裕を持たせているからだ。

ガソリンスタンドで見かける不思議な行為

 ガソリンエンジンに送る燃料ポンプは、燃料タンクの中に入っていて、そのポンプの冷却と潤滑にガソリンを利用している。したがって、ポンプが動けばガソリンの温度も少し高くなる。

 またほとんどのクルマは、燃料が絶えずタンクとエンジンルームを循環するリターンシステムを採用していて、こうした理由から、設計者は燃料タンクにはおよそ10%の空気層が必要と計算し、その分のスペースを用意しているのだ。

 だからどんなに頑張ってクルマを揺らして給油しても、設計上、燃料タンクに隙間なくガソリンが満たされることはないので、その努力は報われないと思った方がいい。

 さらにいえば、「満タン自動停止後の追加給油」と「少量給油」はセルフスタンドの禁止事項でもある。

 噴きこぼしの原因になって危険でもあるし、ガソリン代は“詰め放題”ではなく、入れた分だけ支払うので、給油口ギリギリまでガソリンを注いでもメリットはない。

ガソリンスタンドで見かける不思議な行為

 というわけで、給油中はクルマを揺らしたりせず、オートストップ機能により自動的に給油が止まった=「正しい満タン」と認識するようにしよう。

ガソリンスタンドで見かける不思議な行為

ガソリンスタンドでたまに見かける謎行為! クルマを「揺すって」給油する意味とは


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

バイクだと、ガソリンタンクの"下部"に空気溜りができることがあるので、揺すってボコボコするのは有効。


燃費悪い車で遠出する時には少しでも多く入れたくはなる


そんなヤツ見たことないわ


ごく稀に居るんだろうか。実在するのなら稀でも記事にする意味はあると思うよ、事故が起きたら甚大化するかもしれない場所だから。


何となく1ℓ以内の範囲で桁合わせしてるわ(0.01の壁


他人の給油をジロジロと見ないので本当にいるのそんな人?


今までで何度か見たことあるし知り合いにもいる。まあ、知り合い含め、いかにも頭悪そうなやつばっかりだよ。ボロボロのハイエース乗りとかね。


「少しでも多く入れた方がお得だ」みたいな謎理論でやってるんだろうね。見たことないけど。


ガス欠した時に、タンクにわずかに残った燃料をパイプに流し込むため、車体を揺するのは聞いたことが有るが・・・?


揺れてる!あの車揺れてるよ!


古い車だとタンク内に空気溜まりが出来ちゃうから揺らすっていうの聞いたことある。逆に最近の車だとタンクの設計が洗練されて必要が無いらしい。


バイクの場合はギリギリまで入れるかな。やっぱ走れる距離に差がでるから。車ほど量が入らないからってのもあるけど。


バイク国のローラ姫「そんなひどい」


おっさんがセルフで揺らしながら給油してるの見たことあるわ


現役店舗作業員だが頻繁では無いが確かにいる、バンとかトラックみたいな現場作業車の人に多い、必然的に走行時間が長くなるので沢山入れたいと思ってるのか片手でユサユサ揺らしながら粘ったりしている、記事の通り時間の無駄でしかないのでやめとこう


何かおかしいだろ、体積が1.2倍にもなるのに、余裕が10%しかないの。


スクーターのトリシティの場合はセンタースタンドでの給油よりサイドスタンド利用の給油の方が0.5L程余分に給油可能


揺すって入るならそれが満タンってことだろ。別にオートストップ後のガソリンがどっかに捨てられるわけじゃないし。


仕事に使う車で、ガソリンを入れる前に何リットル入れるか申請出す方式の職場で、目測を誤って予定してた給油量がギリギリ入らないことがたまにあって、そういう時は揺すってなんとか入れきってると聞いたことがある。


タンクに残っているガソリンと新しいガソリンを攪拌するためだと思ってた。タンク内の沈殿物とかエンジンに送って燃やすってのを旧車乗りから聞いたような・・・