社会


 中国のポータルサイト・網易に14日、「どうして日本人中国人が嫌いなのか」とする記事が掲載された。

 記事は、中国人日本人に対する態度は愛憎半ばの複雑なものであるのに対し、日本人中国人に対する態度は「それに比べてシンプルだ」とし、市民への意識調査では中国に対しネガティブイメージを持つ日本人が大多数を占める結果が出ていると伝えた上で、日本人が中国や中国人に対していいイメージを持たない理由を3つ挙げて考察している。

 1つめは、政治的な要素を挙げた。記事は、日中両国が隣国同士でありながら、安全保障やイデオロギーの面で対立する部分が多く、米国的なイデオロギーの影響を受けている日本は中国を嫌い、警戒することが習慣化してしまっているとしたほか、「世の中には絶対的に公正で客観的なメディアはない」ものの、反中的な日本メディアが実に多い点も日本の世論の思考に大きな影響を与えていると伝えた。

 2点めに挙げたのは、日本にやってくる中国人があまりに多く、なおかつその「質」がまちまちだったことである。発展途上国である中国の観光客が大挙して押し寄せた場合、特に発展の遅れている内陸部の農村などからやってきた観光客を中心に、一部でマナーを弁えない行為が発生するのはある意味で致し方ないとした上で、細かい部分にまでこだわる日本人マナーモラルに対し寛容ではないために感情的な衝突を生み、中国人観光客のネガティブイメージが日本社会で定着してしまったと解説している。

 そして、3つめは、「日本人の中国に対する認識が時代遅れになっている」点とした。記事は、日本を訪れた中国人の数に比べて中国を訪れる日本人は少ないため、急速に発展し、社会が進歩している中国の実際の姿を知っている人が少なく、自ずと中国に対する認識も10年ほど前の「汚い、雑然としている、おくれている」といったレベルにとどまっているのだと論じた。

 一方で、最近では日本のネット上で若い人を中心に「中国はもはや日本を追い抜いてさらにその先を行っている。現実を認識しなければ、さらに置いて行かれることになる」との考えも少しずつ見られるようになったと紹介。ただ、中国が急速に発展したことで日本人の中国に対する差別意識、優越感は消えたとしても「それでも日本人中国人を好きにはならない」とも伝えた。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

日本人はどうして中国や中国人が嫌いなのか 


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【日本人はどうして中国や中国人が嫌いなのか 】の続きを読む


「死ぬから画像を消してください」旭川14歳女子死亡“ウッペツ川飛び込み”イジメ事件の全貌《警察が出動》 から続く

 2月13日氷点下17℃の夜に自宅を飛び出して行方不明となった北海道旭川市内に住む当時中学2年生の廣瀬爽彩(さあや)さん(14)は、3月23日に雪に覆われた公園の中で変わり果てた姿で見つかった。爽彩さんは2年前に受けた凄惨なイジメによって自宅に引きこもるようになった。医師にPTSDと診断され、そのフラッシュバックにも悩まされていた。

 これまで「文春オンライン」では、中学入学直後に爽彩さんが男女のグループからイジメに遭い、自慰行為を見せるよう強要されたり、撮影させられた自身のわいせつ画像を加害少女らが拡散したことなどを報じた。

※本記事では廣瀬爽彩さんの母親の許可を得た上で、爽彩さんの実名と写真を掲載しています。この件について、母親は「爽彩が14年間、頑張って生きてきた証を1人でも多くの方に知ってほしい。爽彩は簡単に死を選んだわけではありません。名前と写真を出すことで、爽彩がイジメと懸命に闘った現実を多くの人たちに知ってほしい」との強い意向をお持ちでした。編集部も、爽彩さんが受けた卑劣なイジメの実態を可能な限り事実に忠実なかたちで伝えるべきだと考え、実名と写真の掲載を決断しました。

A子とB男は保護者と一緒に取材に応じた

 イジメは常軌を逸するほどエスカレートし、2019年6月には爽彩さんが加害少年ら10人以上に囲まれ、ウッペツ川に飛び込む事件が起きると、警察もイジメの実態を把握するために捜査に乗り出した。

 わいせつ画像を送ることを強要した加害少年のC男は児童ポルノに係る法令違反、児童ポルノ製造の法律違反に該当したが、当時14歳未満で刑事責任を問えず、少年法に基づき、「触法少年」という扱いになり厳重注意を受けた。A子、B男、D子、E子らその他のイジメグループメンバーは強要罪にあたるかどうかが調べられたが、証拠不十分で厳重注意処分となった。

 爽彩さんへのイジメが発覚してから2年。中学を卒業し、旭川市内に住む加害少年らから話を聞こうと、取材班は少年少女の保護者にアプローチをした。するとA子とB男は保護者と一緒に取材に応じ、C男とD子、E子は保護者が取材に応じた。

わいせつ画像を目にしたことは「あります」

 わいせつ画像の拡散が疑われたA子は現在16歳。茶髪にピアスという出で立ちで年齢よりも大人びて見える。

――爽彩さんとはどのような関係でしたか?

「友達」

――彼女のわいせつ画像を持っていましたか?

「持ってない」

――A子さんがC男くんに「爽彩さんのわいせつ画像を送ってほしい」と言ったという証言もありますが事実でしょうか。

「ない」

――わいせつ画像を目にしたことはありますか?

「あります」

自慰行為を強要した時の経緯

――公園で爽彩さんが自慰行為を強要された件は覚えていますか?

「……いや。あ、(自分も)いた」

――誰が指示をしていたのでしょうか?

「あぁ、それはD子が言ってた」

――自慰行為を強要されて、爽彩さんは嫌がっていたのではないですか?

「うーん……まぁ、うん」

――どういう経緯でそうなったのでしょうか?

「えぇ? そのときC男もいたから、C男が写真の件の話を出して、じゃあできるならここでやってみろよ、みたいな。確か。それでD子がやれって言った」

――その時、A子さんはどうしていましたか?

「うちとB男は離れてた。その場から。見たくもないし聞きたくもないし」

「どっちにせよ最終的には(自慰行為を)やってるんだから」

――A子さんがイジメの主犯格だったという証言もあります。

「私ではない。別の中学の子(C男、D子、E子)が私を悪者にしている」

――これらの行為をイジメだと思いませんか?

「うーん……別にどっちでもないんじゃないです? 本人最初嫌がっていたとしても、どっちにせよ最終的には(自慰行為を)やってるんだから」

――爽彩さんがウッペツ川へ飛び込んだ事件については覚えていますか? 

「あれは(爽彩さんが)自分から飛び込んだ」

――どうしてそうなったのでしょうか?

「どうして? わかんないです。死にたくなったんじゃないですか?」

――爽彩さんに向かって「死ぬ気もないのに死にたいとか言うなよ」と言っていたという証言があります。

「それは言いました。周りに小学生いるのに死にたい死にたいとか、死ぬ死ぬとか言ってて、どうせ死なないのに次の日またあそこの公園に現れてたから。小学生にはそういうのはダメでしょ? と思って言ったんです」

亡くなったと知って「正直何も思ってなかった」

――爽彩さんが亡くなったと知ってどう思いましたか?

「うーん、いや、正直何も思ってなかった」

 A子に長時間話を聞いたが、最後までイジメに対する謝罪も、爽彩さんが亡くなったことに対するお悔やみの言葉もなかった。

「強要とか脅しはないです」

 取材班は爽彩さんのわいせつ画像を拡散させたとされるB男にも話を聞いた。

「爽彩と出会ったのは2019年の4月頃で、別の友達と(オンラインゲームの)『荒野行動』で遊んでいたら、ゲーム上で繋がって遊ぶってなった。印象は普通の子だった。(C男が爽彩さんにわいせつ画像を撮らせた経緯は)わからない。C男が爽彩とビデオ通話してそれをスクショして送ったみたい。最初はC男、A子と自分のグループLINEに送られてきた。自分は誰にも送っていない」

――爽彩さんに自慰行為を強要したことはありますか?

「C男、D子、E子が『やってほしい』みたいになって、自分とA子はどっちでもよかった。正直、自分はあんまり見たくなかったからフードをかぶって見ていないけど、他の4人は見ていた。(自慰行為のときは公園に)人が来るから小学校の男女共用のトイレに移動してやらせていた。みんなそこに入っていったけど、俺はさっきと同じで見てはいない。時間は10分とか5分とか。強要とか脅しはないです」

――爽彩さんが川へ飛び込んだ事件の現場にはいたのでしょうか?

「その場にはいなかったけど、A子から電話がかかってきた。C男が爽彩の仕草をしつこく真似した。それが爽彩は嫌だったみたいで、キレて自分で川の下へいったみたい」

――爽彩さんのわいせつ画像を削除したと聞きました。

「警察に呼ばれたとき、携帯を見せてその場でデータを消した。学校からは5回くらい呼ばれて、怒られるというよりは『何があったのかちゃんと話して』という感じだった」

B男は「悪ふざけ」とだけ答えた

 改めて、「公園で爽彩さんに自慰行為をさせたことを、イジメと認識していますか?」と問うと、B男はたった一言、「悪ふざけ」とだけ答えた。

 爽彩さんにわいせつ画像を送らせ、警察から「触法少年」の処分となったC男。C男の保護者が取材に応じた。

冗談紛れでわいせつ画像を送ってほしいと言った

「(C男は)いいも悪いも何もわからないでやってしまったんです。どういうものか知らなくて興味本位で言ったと思うんです。C男の話では冗談紛れで(画像を送ってほしいと)言ってたら、爽彩さんが本当に自分で撮って送ってきたらしいんですよ。息子も初めて見て驚いてすぐに消したんですけど、その前にA子さんに『送って』としつこく言われて、(A子に)送っちゃったみたいです。C男はそのあとに画像データをすぐに消していて警察も確認済みです」

――爽彩さんに自慰行為を強要させた場にもC男君はいました。

女の子たちがやったことですよね。うちは男の子なので女子トイレには入っていないし、もう1人の男の子と公園にいたらしいです。(爽彩さんは)『嫌だ』って泣いたから結局やっていないと聞いていました。みんな嘘をついているのか、隠しているのか、自分を守りに入っちゃうし、本当のところはわからないです」

――C男君は《(画像を送らないと)ゴムなしでやるから》と爽彩さんにLINEを送ったという証言もあります。

「それはないですね。絶対にないです」

爽彩さんに「私は独り」と相談されていた

――爽彩さんは拡散されたわいせつ画像や強要された自慰行為のことがトラウマとなっていました。

「きっかけにはなったとは思います。うちの息子もすごく反省しました。でも、(爽彩さんが)家出とかを繰り返していたのはご存知ですか? 親とうまくいってなかったそうで息子は爽彩さんに『私は独り』と、相談されていたと聞きました。

 本当に短期間であんな事件になってしまって、A子ちゃんは夜まで公園にいてだらしなかったから、すごく胸騒ぎがして『付き合うのはやめなさい』ってずっと言ってたんですよね。そう言っているときにあんなことになっちゃって……。警察の前でLINEも消して、もう事件の子たちとは一切付き合いはないです。

 うちにも娘がいるので、もし自分の子がと思ったら……。息子にはすごく怒りました。息子もやってしまったことは悪いですけど、隠れている部分やイジメを認めない人とかたくさんいるので、悔しいのは正直あります」

 D子とE子の保護者は「自分の子どもは偶然その場に居合わせていただけだ」と説明。E子の保護者は「娘は(自慰行為を)『やれ』とは命令していない。娘だけでなくみんなで『できるの?』と聞いた」と話した。D子の保護者は「今思えばイジメだったと思う。娘も反省している」と語った。

 一方、B男の保護者は「子供たちが(事件に)関わる前から、(爽彩さんの)家庭環境にも問題があり、正直全部こっちのせいにされている」と語った。

爽彩は離婚後に交際したパートナーとも仲が良かった

 4月12日、爽彩さんの四十九日法要を終えた爽彩さんの母親に再び話を聞いた。加害少年の保護者から爽彩さんの家庭の問題を指摘する声が上がっていることについて聞くと、静かにこう語った。

「娘を育てるために仕事で忙しく、家を空けることもありましたが、それ以上に愛情を込めて育ててきました。離婚したあとにお付き合いした人もいました。爽彩が小学校低学年の頃からパートナーの男性と3人でゲームをしたり、食事に行ったり、その相手と学校の行事に行くこともありました。爽彩もパートナーの実家に行きたいと言い出して一緒に行ったり、男性とワカサギ釣りに行って楽しそうにしていました。

 爽彩の希望ならと塾に通わせたときに一度、帰宅途中に迷子になったり、塾に『行きたくない』と言い出すこともありました。娘はパートナーの方に悩みを相談するほど距離も近く、その日に学校であったことを自分から笑顔でたくさん話す子だったんです」

加害者の子たちが不幸になってほしいとは思いません

 しかし、イジメの被害に遭ったあとは「ママ、死にたい」「ごめんなさいごめんなさい」と、爽彩さんは錯乱を繰り返すようになり、笑顔も消えてしまった。

「娘は簡単に死を選んだわけじゃないと思います。泣かないと決めていたのに、すみません……。何があったとしてもイジメをしてもいいという免罪符にはなりません。許されることではないし、とても悔しい気持ちですが、加害者の子たちが不幸になってほしいとは思いません。ただ、イジメって簡単に人が死んでしまうということを知ってほしい。イジメは間接的な他殺です。せめて、反省だけでもしてほしいです」

 それだけ言うと、唇を強く結んで母親はもう何も語らなかった。

 旭川はこれから遅い春を迎える。桜の開花は2週間後の予定だ。だが、母親がともに春を迎えるべき最愛の娘ははるか遠くへ旅立ち、もう二度と帰ってこない。

 4月15日(木)21時30分~の「文春オンラインTV」では担当記者が本件について詳しく解説する。

◆◆◆

「文春オンライン」では、旭川イジメ問題について、情報を募集しています。下記のメールアドレス、または「文春くん公式ツイッターのDMまで情報をお寄せ下さい。

 sbdigital@bunshun.co.jp
 https://twitter.com/bunshunho2386

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

爽彩さんの幼少期の写真(母親提供)


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【「正直何も思ってなかった」自慰行為強要、わいせつ画像拡散のイジメ加害生徒らを直撃【旭川14歳女子凍死】】の続きを読む


 岐阜県の高校に通う18歳男子高校生が、同じ学校に通う女子生徒に暴行などしたとして逮捕されたことが判明。その行動に憤りの声が相次いでいる。

 警察によると、男子高校生は今年2月、同じ高校に通う17歳の女子生徒が持っていた水筒の中身を捨て、別の液体を混入し、誤飲させた。味に違和感を覚えた女子生徒が学校に相談し、事態が発覚。学校が警察に通報し、男子高校生が誤飲させた暴行と、水筒を使用できなくした器物損壊の容疑で逮捕された。現在のところ、認否は分かっていない。

 すり替えられた中身も明かされていないが、警察は「毒物や劇物ではなく、飲んでも直ちに人体に危険が及ぶものではない」とのことで、怪我もなかったとのこと。男子生徒が行動に至った動機も発覚していないが、組織的なイジメの可能性も、否定できないだろう。

 ​>>「好意を抱いていた」52歳男、20代元同僚女性宅に侵入し液体入り容器を置いて逮捕<<​​​

 異常な事件に、「許せない。殺人未遂でもおかしくない」「女子生徒が学校に相談するということは、おそらく複数回やっていたのではないか」「警察が逮捕するということは、事件性があるということ。これは異常な事件」と憤りの声が上がる。

 また、「正直大した罪にはならないと思う。そういうことも加味してやっていたあり得ない犯罪」「学校が警察に通報したことは評価できる。今後、退学処分にするべきだ」「組織的なイジメの有無を警察が判断するべきだ。学校は信用できない」「こういう人物に更生は期待できない」という厳しい指摘も多かった。

 その意図は不明だが、非常に許しがたく、卑劣な行為であることは間違いない今回の事件。司法はそれでも、「更生」を期待するのだろうか。

画像はイメージです


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【18歳男子高校生、17歳女子生徒の水筒に別の液体を混入し誤飲させ逮捕 「異常な事件」憤りの声も】の続きを読む


【最新】駅ビル建て替え工事現場の“囲い”にデザイン画




【【最新】駅ビル建て替え工事現場の“囲い”にデザイン画】の続きを読む


どう接すればいい?

どう接すればいい?

世の中には自分の立場をわきまえず、身勝手な行動に出る「モンスター新人」もいるようだ。そうした職場の困った新人について、キャリコネニュース読者からは「態度がでかい」(30代男性/クリエイティブ職)という声が寄せられている。介護施設に勤務する30代女性も、

「介護主任に対し『自分より立場が下なので挨拶はしません』と言い放つ准看護師の新人がいる」

コメント。その新人の不明確な根拠と自信に怒りはおろか、呆れ気味の様子さえ伺える。40代男性(管理・事務職)も、モンスター新人にお手上げ状態の1人だ。(文:鹿賀大資)

「ダメな上司がやってきた」と吹聴して回るモンスター新人

男性の職場にいるモンスター新人は「自分は教えてもらう立場」の一点張り。主体的に動こうとせず、男性は頭を抱えているという。

男性と新人の関係はやや複雑だ。男性が管理職として中途採用された時には既に職場にいた新人で、会社では新人の方が先輩になる。新人はそれを逆手にとってか、上司である男性に対して高圧的な態度を取ってくるという。

「特に会社ごとにやり方の異なる、会計のルールを教えてもらえないのには凄く困った。そうした中で『ダメな上司がやってきた』と方々に吹聴して回る新人君。評判を回復するのに数年かかった。結局その新人君は自ら去ったが、今でも彼から受けたダメージが残っている」

男性は「前任者も、この新人に辟易として退職した模様」とコメントしている。

「仕事中にお菓子をボリボリと貪る新人」

神奈川県の40代女性(管理・事務職)にとって、目の上のたん瘤といえるのが「入社半年になる44歳の新人」だ。職場で幅を利かせる”お局”の知人にあたるため、上司も断れず「事務経験もないのに何故か採用に至った」という。

事務所内をパタパタ歩くぐらいならまだしも、仕事中にお菓子をボリボリと貪る新人。それでも仕事さえやってもらえたら…と思っていた矢先、給与計算でトラブルがあり休日出勤をすることに。新人が云々ということではなかったが、皆が必死で修正をする中『今日って休みじゃないんですかあ』と」

この新人の一言に、女性は「さっさと辞めてもらいたい」と怒り心頭だ。また「自分じゃ出来ているつもりか知らんけど、引き継いだ仕事も確認しなきゃならないなら、自分でやった方が早い。それにスケジュールも組みやすいんだよね」と内心を綴っている。

食品工場で働く兵庫県の40代男性は、職場にいる高校新卒の新人について明かす。その新人は挨拶や返事ができず、社長にも友達口調で接しているという。また「作業中に騒ぎ出すこともある」と続ける。

「他の部署からも『あの子は挨拶しないね』などと言われており、その態度も含めてあまりにも酷いので注意をしました。しかし新人はその都度、上司や工場長にありもしない『嫌がらせのハラスメントを受けている』と報告する始末」

その後、新人は言葉遣いを改めることに納得がいかず、1か月ほど休んでおり「しまいには親が怒鳴り込んできました」という。ちなみに新人は、現在も仕事を続けているとのことだ。この分だと、再びモンスターの親子共演があるかもしれない。

※キャリコネニュースでは引き続き「モンスター新人目撃談」のほか「電話対応が苦手な人、苦手だった人」【緊急アンケート】「努力は必ず報われる」?などのアンケートを募集しています。

社長に“タメ口”を使うモンスター新人「注意しただけで1か月も欠勤。しまいには親が怒鳴り込んできました」


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

キャリコネって本当にダメだな。人の気分を害する記事しか書かない。記事NG管理が欲しい。


「作業中に騒ぎ出すこともある」 それってモンスター新人ていうより単に精神の方に問題がある人なんじゃ…


こういう問題って新人に関係なく発生するし、わざわざ新人ガーって記事にするの不公平だと思うんだよね。こういう記事に便乗して、まともな新人を攻撃する異常者もでてくるでしょ。


記事NGは実施されるかわからないけど、最近は「キャリコネ」タグをつけてくれることが多いです。タグ見てある程度は回避できますよ。


職場でタバコ吸って仕事さぼっているおっさんや、勤務時間中にコンビニへお菓子を買いに行っている連中もいるんだから何も新入社員に限った話ではない


そんなやつおらんやろ~、と思ったけどゆたぼん親子みたいなの見てるとなんとも言えんなあと


記事NG機能なんぞあったらニコニコニュースなんぞだれも見なくなるやろ。読者が反発を覚える記事をあえて載せてビュー数とコメ数稼ぐとこだぞここ


先輩「モンスター新人こええ」新人「*会社に洗脳された先輩こええ」。この手の話は一方の言葉を信じる気になれんわ


おっ毎年春恒例の若者叩きキャンペーンか 新社会人のみなさん惑わされてはいけない。毎年こんな記事が出るんだよ。君たちを思考停止した奴隷にするためにな。うっせぇわとまでいかなくてもノーと言える労働者であれ!


ちなみにこういう記事はだいたい似たような話ばかりだ そこは毎年変わらない。テレビでもやることがある まぁ ほぼ作り話だと思った方がいい。観ることも読むこともない。あなたはあなたであれ。真のモンスターはホラ拭いてでも若者叩きをやりたがる連中なんだよ


人を見抜けないバカ人事か、その程度の人材しか応募の無い不甲斐ない会社か、果たしてどっちだ?


マジでこういう頭おかしいやついるんだよな…自分で見るまで創作だと思ってたわ


そういう人もいるよ。前の職場で仕事できない、今日の作業分を無視して定時帰宅、反省なしっていう人がいた。30過ぎでそれはもう無理でしょ。


同僚がスーパーの女性アルバイトにセクハラしたために ヤクザ系の親がスーパーの事務所に怒鳴り込んできたという話なら聞いた事はある。


モンスター新人、モンスター上司、モンスター客。キャリコネの世界にはモンスターしかおらんのか?


キャリコネの記事にある例が本当かは知らないけど、もっと酷いというか理解不能な人間も居るのでまあ稀に居る事は居るかなという感じ。新人に限らないけどね。


長らく人手不足だったから新人の質は下がってるって言うよね。


これからの時代、こういうmonsterが増えていくかもな…。でも、それが君らの選んだ道では?


モンスターなら倒せよ。経験値もお金も貰えるぞ。たまにアイテムもドロップするぞ


またキャリコネの捏造記事が 妄想も大概にしとけよ




このページのトップヘ