性犯罪の被害者に、精神的な苦痛を与える『セカンドレイプ』。

具体的には、被害者の落ち度を指摘したり、被害時の苦痛を思い出させたりといったものが『セカンドレイプ』にあたります。

大島薫@OshimaKaoru)さんが描いた4コマ漫画は、そうしたセカンドレイプをする人の認識を改めさせてくれる内容のものでした。

漫画『抵抗しなかったお前が悪い』をご紹介します。

性被害にあった女性に対し、「本気で抵抗すれば、なんとかなったはず」「その服装は乱暴してくれといっているようなもの」などと被害者の落ち度を指摘していた男性。

しかし、いざ男性が強盗の被害に遭うと、周囲からは聞き覚えのある言葉が返ってきたのでした。

状況こそ違えど、犯罪に遭遇した時の心理は同じはずです。

力では勝てなかったり、相手が武器を持っていたりすれば、恐怖で身体が支配され、言葉すら発せなくなってしまいます。

また、きらびやかに着飾る人が強盗されることを目的としてそうした服装をしているわけではないのと同じで、容姿は犯罪に遭った落ち度にはなりません。

セカンドレイプ』をなくすには、相手と近しい視点で物事を見る想像力、そして「被害者は悪くない。悪いのは加害者」という意識を持つことなのではないでしょうか。

なお、世の中には、セカンドレイプを恐れて、被害を告白できない人も少なくないといいます。

もちろん、性犯罪そのものがなくなることに越したことはありません。しかし、セカンドレイプがなくなることで、より被害者が事件を訴えられる環境が整うはずです。


[文・構成/grape編集部]

出典
@OshimaKaoru


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

その状況に陥るまでの前提の話を何すり替えてんだろう?強盗に合うにしても街中をあるいていていきなり襲われたなら不可抗力だが、金持ってそうな格好でスラム街で襲われたならそりゃ自業自得だろうに。


>UE イチャモン体質君の気晴らしなのはわかるが、*さえ肯定しなければ俺は別に気にならないよ。


逆効果なマンガだね。こんな作品なら世に出さない方が良いと思いました。


1コマ目がどういう状況から繋がってるのか分からんから女が悪いか悪くないかなんて言えないな。*されたって女が訴えて、よくよく聞いてみればラブホに二人で入って女は「そんなつもりじゃなかった」ってアホみたいな話もあるし


4コマ目のセリフに「そんな金持ってそうな格好してさ」ってあるけど、このオッサン全然金持ってそうに見えないんだが。


この姉ちゃんがいつどこで襲われたか言わないとこのおっさんみたいに勘繰り入れられるのは至極当然。


紙袋に札束入れて飲みに行ったおじさん「全然違う!」


抵抗についてはこの漫画が100%正しい。ただ「恰好」については中国やベトナムに旅行に行く時に、お金持ってる恰好しないでくださいってガイドに注意された事はあるのでケース・バイ・ケースよ。むろん襲った犯罪者が一番悪いんだけどね


10対0の状況でなければどっちもどっちなどと半島人並みに頭の腐った屁理屈はさておき、一番悪いのは間違いなく加害者です。なのでちょんぎりましょう。


法律を違反したら裁かれる


加害者側が悪いってことで良くね?相手が動物とかならともかく人間なら危害を加えた方が100%悪いだろ。下らん屁理屈を言うからややこしくなる


ココ日本だしな。ミニスカートは性的挑発がなんとかでの*事件の合法おそロシアさんじゃないけど、たしか売春婦として売春婦代で解決してたはず。(合法で売春がある国らしいけど、宿って聞いたな)まぁ隣国人があっちこっちの国でやってたからどうにもならんけど


強盗を合意の上するバカはいない。性行為は合意の上なら喜んでやる。*かどうかが話を聞くだけでは判断できないからそこに抵抗の有無が必要になる。そもそも引き合いに出す事が間違い、詐欺とかなら被害者が自業自得って非難されるパターンも多いだろ。


いやー素質十分なコメント多いな


ハニートラップめっちゃあると思い込んでそう。流石、生活保護不正受給がさも超多数であるかのように語るネット民だな。


条件を等しくするなら男の方も強盗ではなく性的暴行にしろよ。


この手の事ってまず加害者が悪い事を前提にその上で何かしら対策ができたのではないか?って話じゃない?強盗にしたって札束を表に出しっぱなしで扉や窓に鍵をかけず放置してたら「なんで?」ってなるでしょ。


金持ってそうな服装でふらふらしてて強盗に遭っても、被害者を責める人はあまりいない。ただし性犯罪だけは何故か被害者叩きが発生する。しかも得意げに被害者を責める*が多い。どうしてだろうね。


警察の身内や有力者を無罪にするために裁判所が捜査機関や裁判所が忖度してきた。押し倒した時点で抵抗するのが困難な暴行、脅迫を行っているのだから、本来なら有罪にしないとおかしいのに不当に無罪にしてきたのだ。ちなみに、警察や有力者の身内が*されたら、加害者または冤罪被害者は拷問を受け、「相手が嫌がっているのが分かっていて行為に及びました。」と自白させられる。


「相手が嫌がっているのが分かっていて行為に及びました。」と自白してしまったら問答無用で有罪です。