極楽とんぼ・加藤浩次

タレント加藤浩次が1日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)に出演。夫が配偶者のことを「嫁」と呼ぶことの是非についてコメントし、反響を呼んでいる。


■配偶者の「嫁」呼び、気になる?

靴下メーカーの公式ツイッター夫婦の日常のやり取りをツイートした際、配偶者のことを「嫁」と書いたことで批判が殺到。「不適切だった」と謝罪する事態にまで発展した。

番組では、夫が「嫁」と呼ぶことについて、既婚女性たち100人に調査を実施。「気になる派」の女性からは「上下関係があって、主人とか嫁とか対等な関係ではない感じ」「立場的に私のほうが強いから旦那に言われたらカチンとくる」と、「嫁」呼びは男性上位に感じてしまうという声があがっている。

アンケートの結果は、「嫁」呼びが「気になる派」が25人、「気にならない派」は75人という結果となった。


関連記事:ブラマヨ吉田、20代女性の不倫への考え方に感心 「日本人で良かった」

■「謝罪しなきゃいけない状況が異質」

この結果に、加藤は「調べるとやっぱりこういう風になるってことだよね。ちょっとした炎上とかって『何なんだよ』って話なんだよね」とコメント

「少数意見を絶対軽く見るわけじゃないんだけど、少数意見から学ぶことはいっぱいあるんだけど、そこを気にしすぎて会社の方が『嫁』って文字に書いて謝罪しなきゃいけない状況なのかってことだよね」「謝罪しなきゃいけない状況が異質だと思うんですけどね」と疑問を呈した。

さらに、フリーアナウンサー高橋真麻が「(呼び方は)何でもいいと思います。そこにちゃんと愛情があれば」と発言すると、加藤は「そこ大きいですよね。愛情がまったくないのに『妻』って言われてても、それだったら、愛情のある嫁のほうがいいんじゃない? って部分もあるだろうね」と話した。


■「よく言った!」の声も

呼び方について夫婦が納得しているケースにかぎり、「嫁」呼びも問題ないとした加藤。SNS上では「よく言った!」「加藤さんが正論」「少数意見は大事だけど謝罪するほどのことか?」と共感する意見が相次いだ。街頭アンケートの結果のとおり、この意見が多数のようだ。

しかし、一方で「腑に落ちない」との声もあがっており、「私は嫁と呼ばれたくない」という意見や、家では「嫁」呼びで問題ないとしつつも「外では妻や奥さんと言ってもらえたらいいな!」といった声もあがっている。


■まわりに口出しする権利はない?

しらべぇ編集部が女性に聞いた過去の調査によれば、家庭外で夫が配偶者のことを呼ぶ際にもっとも好感がもてるのは「奥さん」という結果になっており、「妻」「かみさん」と続き、「嫁」は4位。ちなみに、10月16日放送の『チコちゃんに叱られる!!』(NHK)では、「妻」が正しい呼び方と紹介されていた。

この日の『スッキリ』でも正式な場では「妻」と呼ぶのが適しているとされたが、加藤は「ただ夫婦関係が(嫁呼びで)OKだとするならば、それをブログにあげたりツイッターコメントしたりすることは、そこに口出しする権利はまわりにはないと僕は思うんだけどね」とコメント

そして、「『そういう人がいるから、妻ってちゃんと言ってくれる男性が増えないのよ!』って僕がこれでバッシングされる結果になる可能性が高いなって、今喋っていて思っている次第でございます」と批判をおそれつつも笑いを誘った。

・合わせて読みたい→宮迫博之、チャンネル100万人登録に歓喜 一緒に並ぶ妻に注目集まる

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

『スッキリ』配偶者を「嫁」と表現した企業が炎上 加藤浩次の意見に反響


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

そもそも嫁という言葉に、相手を見下すようなニュアンスってあったのか?この記事読むまで夢にも思わなかったが…


「立場的に私のほうが強いから旦那に言われたらカチンとくる」>「旦那」は男性上位にあたらないのか。一般的に目下のものが目上のものに使う言葉だと思うが。


嫁って漢字が「女を家に閉じ込める」と読めるから女性蔑視だ、って下らない発想でしょ


日本語としておかしいだけ。夫を他人に紹介するときに「こちらは私の婿の〇〇です」と紹介する人妻はたぶんいないので。


これって自分に劣等感があるからそう思うんじゃないの?


*相手に謝罪なんてするひつようがない世論を確立しよう。


考えてみれば、「奥さん・妻・かみさん」は、少しだけ形を変える事ができないけれど、「嫁」は「嫁さん、お嫁、お嫁さん」といった具合に丁寧な呼び方に変換できるからか?単に「嫁」だけで使うと、相対的に乱暴・雑な感じになってしまうようなところがあるかも知れない


「連れ合いをなくした会」とかあるので「連れ合い」でもいいかなぁ。


嫁と旦那だろ?


『婿』にも『嫁』にも「女」が入っているし『妻』に『婚姻』にも「女」が居る訳で。古代から冠婚では女性に対して特別な概念が存在していて、それが今日まで続いているって言う事で良いじゃないですか。あ、男女平等の概念で言った場合はどうなんですかね活動家の皆様?


ウチのカミさんがね……


まあ日本語として正しくないといえば正しくない。けど誤った意味とはいえ当たり前に使われてるし、ごちゃごちゃ言ってる奴らは正誤のことを言ってるわけじゃないからなぁ。まあ、結局のところどっかの頭の悪い女性誌とかマナー講師の入れ知恵なんだろうなあ、としか思わん。


加藤は高卒だもんね。それなりの教育を受けた人は「*はそれを恥じることすら知らないな…」と内心思っているけど、高卒には高卒のコミュニティーもあるから仕方ないのかもね。


一部の変なおばさんが発狂したんでしょ


友達に愚痴るときに「うちの嫁さんが~」とか言うことはあるけど、職場や近所付き合いの場では使わないな。一人称の使い分けと同じ感じ


嫁という言葉は、「○○家の嫁」とか、姑舅が「うちのお嫁さん」という風に使ったりするのでソコから拡大解釈というのか、女性を婚家に縛り付ける・従属させる事に結びつくという考え方もできる


ホントくだらん、家族で解決しろで終わる話


「嫁」は自分の息子の配偶者に対する呼称。使えるのは姑舅のみ。自身の配偶者に対する呼称は「妻」。嫁という呼称に女性を蔑視するニュアンスや夫婦の上位下位の意味合いは含まれず、単に不適切な呼称であるだけ。


すまん こんなしょうもないことでたたいてくる*が多すぎッってことでいいのかな?なんでこんなことで会社が謝罪なのだ?元ライ〇ドアの社長とかいう奴が世間でラーメン屋に被害及ぼしたほうがよっぽどでかい問題だろうに・・・


典型的ポリコレ棒。うんざりする以外に語ること無し。